最初のテレエッチはなんとなく不完全燃焼だったので、次に期待しました。
次に約束していたのは、私と同年代の隣の県の男性です。
隣の県と言っても、かなり近い地域のようでした。

 

しばらくサイト内のメールをやりとりして、LineのIDを教えて貰いました。
LineのID検索をして話し掛けます。
やっぱり緊張の瞬間ですね。

 

Lineのプロフ写真は全身写真で小さくて解りづらかったのですが、そこそこイケメンに思えました。
自分の写真をプロフ写真にしているっていうだけで、少し好感度アップですね。
なかなか自分の写真って表に出せないものですし。

 

Lineではその写真をイメージしながらのトークです。
私は面食いというわけではないのですが、やはり見た目に良い方がいいですよね。
ただセックスしたいという相手ですし、恋愛に発展する可能性も低いわけですから、見た目は重要だと思いました。

 

まずはトークで盛り上がります。
写真を送って欲しいと言われたので、前回の写真を流用です。
いちいち撮影するのも意外と大変ですから。

 

そして、音声でのテレエッチに流れます。
少しずつ盛り上がってきたところで、ビデオ通話を使ってみようという話になりました。
実はお互いにビデオ通話は初めてということもあり、使い勝手がわからず戸惑いました。
しかし、途中電波が途切れたりもしましたが、とっても楽しめました。
『一緒にいこう』
って言われたので、お互いに頑張った感じです。
最後はビデオ通話はもうまともに成り立っていませんでしたが…

 

最終的にはお互いに満足できました。
相手の男性の人柄もとてもよく、安心できたのでその後もLineでのやり取りは続きます。

 

そして、今度実際に会う約束までしてしまいました。
テレエッチだけのつもりだったのに、実際に会ってセックスしたいということです。
相手がヘンな人なら断るけど、ちょっとイケメンだし、断る理由も見つからなかったのでOKしちゃいました。